保険のビュッフェのファイナンシャルプランナーにインタビューをしてきました

保険のビュッフェにご登録の遠藤FPにインタビュー中。
※ 検索エンジンからこのページに来られた方へ→ このインタビューを最初から読む場合はこちらです。

「どんな人が保険相談されるんですか?」

保険のビュッフェに登録されているFPの遠藤さんに、いろいろインタビューしてみた。まず最初に聞いたことは「どんな人が保険相談されるんですか?」ってこと。

 

「結婚を機にってのと、
  お子様が生まれたタイミングが圧倒的に多いです」

やはり人生の一大イベント、結婚と出産のタイミングが一番多いみたいです。あとは「結婚を機に保険をどうしよっかって思ってたら、子供ができちゃったので」ってパターンも。

 

子供が出来たってことは、やっぱり学資保険?って思って聞いてみると

「学資保険が欲しいっていうご夫婦と、保険についてまったく分からないから、最初から教えて欲しいっていうご夫婦が半々ですね」ということだった。

 

最初から学資保険が・・・って人には、そっちの商品を薦めるし、そうじゃない人には、今の生活状況や、その人にとって、本当に必要なことを聞きながら、その人に最適な保険を提案するようにしているんだって。「ヒアリングを最重視しています」って言ってました。

 

 

「住宅を購入するときに、保険を見直す人も多いです」

住宅を購入するということは、今までとお金の流れが大きく変わるわけで、そのタイミングで保険の見直しを考える人は、やはり多いようです。しかしその中でも

 

・ローンで負担が増えたから、保険の負担を減らしたい

・大きな借金を抱えたから、負担は増えたけど保険を減らすのは心配

という、2通りの考え方で、せめぎ合ってるみたい。

 

住宅ローンを組んだら、多くの場合はいわゆる「団信」と言われる、ローン返済の時に万が一のことがあったら、ローンがチャラになる保険に入ってることが多い。だけど、最近は共働きで、ローンが旦那さんと奥さんで半々で入るような形になってることもあり、旦那さんに万一のことがあっても、ローンが残ってしまうケースがある。そもそも団信に入ってない人もいたりするし、そこに今まで入ってた生命保険が絡んできて、実は同じような保険に二重に入ってたり、逆に団信に頼りすぎて、本来欲しかった保障が抜けてたりと、いろんな問題があるようで、

 

つまり、自分たちの保険の内容が、よく分かってない人が多い

そこを丁寧にヒアリングして、自分たちの入っている保険やローンについて、理解してもらうことが、ファイナンシャルプランナーの一番の仕事なんだって。ふーん、なるほど。

 

 

次は・・・

保険料を安くしたいんですけど?

 

保険相談する

 

マンガがあるよ

 

コンテンツ

保険のビュッフェのFPさんにインタビューしてきました

FPの遠藤さんにインタビュー開始!

相談しにくる人はどんな人が多いですか?

消費税も増税になるので「保険料安くしたい」って言ってくる人多いでしょ?

こっそり、オススメの保険を教えて下さい

ここだけの話、ホントに中立なの?

インタビューの総括「遠藤さんになら、任せても・・・」

保険のビュッフェの担当者の話「優秀なFPを囲ってるのがウチの生命線」

保険のビュッフェとは?

 

その他コンテンツ

 

保険相談サイト

 

保険相談する

Facebook始めました